身体をケアするということ 第276話



こんにちは😃

👣  自分で自分の足と脚をもみ自分で自分の健康を手に入れる痛〜い足もみ健康法官足法指導員⭐️しらはし⭐️です  👣

官足法の情報と
健康のことからだのこと食の安全のこと心の健康のことも
広くお伝えしています

☆〜〜☆〜〜☆☆〜〜☆〜〜☆☆〜〜☆〜〜☆
いつもお世話になっている近所の60歳台の男性と世間話をしていたときのこと。

その男性は、腰痛に悩んでいるとのことです。
「ふくらはぎとかお尻が固くなっていませんか?」と尋ねると、

「だって、筋肉でしょ?」\\\٩(๑`^´๑)۶////


スポーツジムでちょっと筋トレをしたことで満足して「あ〜今日はいい汗かいた」と、かいた汗以上のビールをのむだけで身体をきちんとほぐしてあげない。

とか、

6時間も登山をして「サプリメントを飲んだから大丈夫!」と、身体をきちんとケアしてあげない。

とか、

勝手気儘につかった身体を放ったらかしにしている日本人のなんと多いことか!

私は声を大にして言いたいのです。

身体をこき使ったのなら人任せにせずにその身体の持ち主であるあなた自身がキチンと官足法でケアしてあげましょう!!!!

せっかく足裏をせっせと揉んでも、足のつま先から足首まで揉んで血流を良くしても
ふくらはぎが固いと重力で下に滞りがちな血液を上に押し上げるポンプの役割が出来ません。
官足法の足もみは
爪先から股関節までを「強く  深く  くまなく  満遍なく」揉むことが必要なのです。

私は運動が大好きで、学生時代からずーっとバレーボール、テニス、薙刀、マラソンなどなどを経験してきています。
脚にはそれなりに筋肉もついていますが、脱力しているときの「ふくらはぎ」はとても柔らかいです。ふにゃふにゃです。触っていただくと皆さん感動してくださいます。

でも、力を入れれば、キュッと固くなるのです。

私も激しい運動をした後や、体調が悪い時にはふくらはぎにしこりができたように固くなりますが、足もみするとすぐに元どおりに柔らかくなります。

それは数年前に、数ヶ月間必死に足もみをしてほぐしまくり、その後もそれなりに足もみを継続しているので、
多少体調を崩しても無理をしても、「強く  深く  くまなく  満遍なく」揉めばすぐにまた元の柔らかい「足と脚」に戻ります。


運動の後に身体をほぐしたい人
腰痛で腰やお尻、股関節ふとももやふくらはぎまで辛い人

是非お試しいただきたいのが、
これいいわ↓↓

これひとつで
全身をほぐすことができます。
椅子に座ったままでも使えます。
寝転んでも使えます。立ったままでも使えます。

私のふにゃふにゃなふくらはぎを触りたい方は是非体験にいらして下さい。( ◠‿◠ )

************************所在地
埼玉県川越市/出張も承ります東京都内レンタルスペース有ります
お問い合わせ44ashimomi@gmail.com
HPhttp://footcare.whitesnow.jp/

アイ・テックインターナショナル株式会社肌の再生事業代理店http://jms-shop.com/Shop/index.php?ShopID=1504556

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です