虫がつく野菜は安全説は間違え? 第233話

こんにちは😃

👣  自分で自分の足をもみ
自分で自分の健康を手に入れる
痛〜い足もみ健康法
官足法指導員⭐️しらはし⭐️です  👣
 
官足法の情報と
健康のこと
からだのこと
食の安全のこと
心の健康のことも
広くお伝えしています

品川にあるキミタンハウスに

お買い物でお邪魔しました。

キミタンハウスのキミタンとは、

1年前に知り合いました。

その時のキミタンの

食の安全に対する意識と姿勢に圧倒されて、

すぐにキミタン指導のもと、

11日間ファスティングを実行しました。

そのなんと快適だったことか!

(これは私見です。好転反応が辛い人もいます。

が、私の知る中では、好転反応が辛い人ほど、

ファスティング後のスッキリ感は大きい様です。)

それからは、キミタンハウスで扱っている

茶葉や味噌、マクロビ食材 などなど

安全な食糧をちょこちょこ買いに行くのです。

と、その日はたまたまキミタンハウスで

野々川尚さんという方が講演をしていました。

野々川さんは、農業のスペシャリスト

というかなんというか。

とにかくパワフルで楽しい方です。

少し前に、海外で農地開拓をしていて、

トラクターでスズメバチの巣を踏んでしまい、

スズメバチに身体中を刺されてしまい、

生死の境をさまよったそうで、

まだ完治していない、みたいな恐ろしい事も、

実にフツーにお話しておられました。

その時の様子を、

フェイスブックに投稿されているそうですよ。

キミタンに勧められて、

そんな野々川さんの話を聞いたのですが…。

常識だと思っていたことが、

真っ向否定されました。

それは、

「虫が来る野菜は食べるな!」

え?

有機肥料で無農薬だから虫が付くんじゃないの?

ですよね。

しかし野々川さんのお話によると、

有機肥料は効果が出るまでに時間がかかるので、

吸収が早い化学肥料を使用する農家が多いのだそうです。

有機とはタンパク質、繊維質があること。

無機栽培にはそれがないのです。

不健康な野菜は、

ただただ上に伸びて上の葉が大きくなります。

すると、下の葉は光合成が上手くいかずに

枯れてしまいます。

さらに根にも栄養がいかないので亜硝酸が蒸発して、

その結果、虫が寄って来るのだそうです。

それを私たちが食べると、

体にその亜硝酸が溜まり排出されずに蓄積されます。

という悪循環なのだそうです。

では、健康な野菜とは?

葉の大きさが上も下も同じで、

葉の厚さが分厚いのだそうです。

ところで 現在、中国では、

オーガニック野菜を栽培する政策が

国がかりで進められているそうですよ。

ところが日本では

種子法が廃止されました。

添加物が含まれている

食べ物や化粧品、洗剤がお店に並んでいます。

安心して安全な食材を手にする口にする日が

来て欲しいですね。

そして、そうやって体内に蓄積された老廃物を

体外に排出するために

官足法で足もみをしましょう

( ◠‿◠ )

************************
所在地
埼玉県川越市
東京都品川区レンタルスペース
お問い合わせ
44ashimomi@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です