官足法とは

★官足法とは★

1982年に台湾の 官 有謀(かんゆうぼう)先生によって 日本に紹介された 元祖 足もみ療法内臓疾患だけでなく、首・肩・腰・股関節・膝などの骨格の不調を含めた あらゆる慢性疾患の根治を目指す 根本療法です。

反射区刺激による効果と 血液循環療法との相乗効果によって 、安全 かつ 即効性が期待できます。足には 体中の反射区が集まっています。つま先から足の付け根までの足全体を「まんべんなく」「くまなく」「力強く」「奥深く」もむことによって、血液がきれいになり、血流が良くなります。それにより、健康なからだ作ることができます。

官足法は痛いです痛いのは、その反射区の器官の血流が滞っているということです。その痛みを 強くもみほぐす事により 血流がよくなり、さらに白湯を飲んで 汚れを体外に排出することにより体調が改善されます


当初は 官有謀先生によって棒1本で紹介されましたが、より力を使わずに 楽に足もみができる方法を試行錯誤した結果、現在は ウォークマットや赤棒・これいいわ ♡ などの官足法グッズを使用する事をおすすめしております。